隠し立て感覚では戻ってもいいと思う

  • 投稿日:
  • by

これもまたトレンドか... 僕はいわゆる「子供の頃のレクリエーションはファミコンしか知らない」年代なのですが、そのせいか、遊びは昔のほうが面白かったなぁと感じるパーツが多い ですね。今はやっぱり金融実情的なパーツも大きいとは思うのですが、クレアトゥール側が確実に売れると判断した柔和しか作らなくなってしまったような気が するんですよね...

確かに売れないといった職場はひしゃげるので当然と言えば当然ですが、そう言う「セキュリティ圏」という、遊びのプレイヤーが求める「冒険心理」って真逆 でして、非の打ち所は無いけれど、それが楽しいかと言われれば「えー......」って言わざるを得なくなった柔和が多くになってしまったのがやるせない所です ね。 ファミコンは物自体が物珍しかった。

今にして思えば、困難ゲーもクソゲーも貴重なトライだった(笑) 近年、そう言う柔和を作れと言われても、職場がGOシグナルを醸し出したりはしないですからね。 確かに頑強は進化しました。けれども、世間概要はファミコン最高潮から見ると明らかに廃れてしまった...それがやり切れないですね。

かと言って今更ファミコンに戻れるかと言えば...隠し立て感覚では戻ってもいいと思うんですよ(笑)もっと単純に、気軽に楽しめる柔和が増えて欲しいって個 人的には思っているので。あとはやっぱりカカオトーク掲示板。これは絶対にやるべきです。

カカオ掲示板 http://www.cdaa4u.org/